居抜き物件で、コスト削減

景気のほうも、あまり、上向いていく様子も見られず、頑張って、営業していたお店などを、残念ながら閉店しなければならなくなっているケースも多いのではないかと考えられます。そのような店舗を、そのままの状態で、売りに出したり、貸したりとしているテナントを居抜き物件というようです。求める方が、同じ業種のような物件があるようであれば、とても、ラッキーなことではないでしょうか。手放す側にとりましても、相手が見つかれば、同様にラッキーなことです。そのままの内装や、造作や、機材などを費用をかけて処分することなく、助かりますし、引き継いだ側にとりましても、新たに改装などをすると、資金面でも、かなり必要になるところを、全て揃っている状態であれば、全てのコストを削減出来るという、お互いにメリットがあることだと考えます。

居抜き物件について考える

居抜き物件という言葉はあまり聞かないかもしれません。そもそも、居抜き物件とは何でしょう。主に飲食店を新しく始める方が少しでも最初の初期投資を抑えるのに、同じように飲食店を営んでいた所の後を少しの手直しを加えて入れる状態の事をいいます。厳密に言うと床、天井、壁、厨房、手洗い場等を残した状態の事です。基本的には何もない状態での引き渡しが原則ですが、三者(閉店するテナント、新しく入るテナント、物件の所有者)が合意すれば入れる事になります。また、中には一部だけを残している物件もあります。新しく始めるのであればなるべくコストは抑えたいと考えますし、前が同じ様な飲食店であれば、前のお客さんを取り込む事が出来ると考える為、居抜き物件を探す方は多い様です。出ていく側としてもいらないお金がかからないので両者得だと言えます。

居抜き物件というものは

居抜き物件というのが人気です。要するに前の人が残していったものをそのまま使うことができる物件です。飲食店なんかがよくやっていることです。椅子とか机なんかもそうなのですが、厨房機器がそのまま残っていることがあります。それを使うことが出来るのであれば、相当な経費の削減になるからです。それは確かですから、非常にお勧めできる物件になります。しかし、それが確実なわけでもないのです。どうしても店のコンセプトに合わないところもあったりしますから、よいところが見つかるのか、というとそうでもないのです。そのあたりが難しいところではあります。しかし、居抜き物件で経費を削減して、開業すること自体はよいことです。少しでも開業資金というのは、減らしたくないものです。それはチェーン店でも同じであり、意外と柔軟にそうしたことをしているところもあります。

お客様に最適な物件情報を毎日メールで配信、前日夜には詳細情報を掲載中です。 知識、経験豊富なスタッフがお客様のパートナーとして物件の紹介から開業までお力添えさせていただきます。 世田谷区を中心にした物件探しは、是非当社へご相談下さいませ。 多くの成約者様より喜びの声を頂いており,信頼度ナンバーワンです。 都内、神奈川県全域の居抜き店舗をカバーしております! 素敵な居抜き物件が見つかる「居抜きCafe」をご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です